枝と電球でGYREの吹き抜けが美しく彩られる

「Gyre Life Forest Project ~いのちの杜プロジェクト」

re2.jpg

GYRE館内の吹き抜けに、谷川じゅんじ氏と藤元明氏による、自然枝と電球による空間インスタレーション「Gyre Life Forest Project ~いのちの杜プロジェクト」が展開される。電球から発されるアナログな揺らぎは、生命にあふれた杜の息吹を表現。優しい春が訪れるこの時期に、穏やかで暖かなエネルギーに優しく包まれて。期間は6月上旬までを予定。
 

 

谷川じゅんじ Junji Tanigawa
1965年生まれ。2002年、空間クリエイティブカンパニー・JTQを設立。「空間をメディアにしたメッセージの伝達」をテーマにイベント、エキシビジョン、インスタレーション、商空間開発など目的にあわせたコミュニケーションコンテクストを構築、デザインと機能の二面からクリエイティブ・ディレクションを行う。
www.jtq.jp

藤元明 Akira Fujimoto
アーティストNEW RECYCLE®をテーマとして、社会、環境などで起こる制御出来ない現象を社会へと問いかける展示やプロジェクトを立案・実施。様々なマテリアルやデジタル制御を組合わせ作品化している。都市の隙間を活用するアートプロジェクト「ソノアイダ」を主催。
www.akirafujimoto.comwww.sonoaida.jp